読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲでビジネス

無情にも髪がなくなってしまった頭。「どう隠そう」「どう増やそう」と、私も含めふつうはハゲた頭を隠そうとします。

 

しかし、そのハンデを逆手に、ハゲ頭を使ったビジネスを始めた人がいます。

ハゲ頭を広告スペースに

アメリカ・テキサス州に住むブランドン・チコットスキーさん。

彼は自分のハゲた頭をなんと「広告スペース」として売る起業を始めました。

頭にタトゥーを入れて広告

ブランドンさんは、広告のオファーを受けると、その企業のブランドネームやロゴを頭の両側に、消すことができるタトゥーで描きます。そして町中を歩き、宣伝することです。まさに「歩く看板」です。

 

料金は、2016年7月時点で3時間160ドル。日本円にすると17,000円弱です。

また、歩く他に、看板などを掲げた女性二人をつれ、通行人の目を魅くプロモーションも行っています。

クライアントの希望があれば、頭にペイントをした状態で商品を販売したり、カンファレンスやイベントなどにも参加し、広告をしてくれるそうです。

 

moduleapps.com

ハゲ頭で歩くだけでなく、撮影班と共にグループで活動しています。Bald Logoの公式サイトでは、この活動がどういったものか、動画でも紹介されています。

ブランドンさんの経営する、この「Bald Logo」では現在3人の広告役…通称「ハゲ・エージェント」が在籍しており、ブランドンさんと共に活動しているそうです。

とにかく目立つ

例えば、走行中に看板はあまり見えませんし、広告を設置しても、それが目立つ場所じゃなければ設置した意味がありません。

しかし、ハゲ頭にペインティングしてあることで、人が多く集まる場所に出向くことができますし、その物珍しさから勿論目立ち、広告は多くの人の目に留まることができます。

コンプレックスを逆手に取った、まさに「逆転の発想」。

タトゥーは特殊なペイントが施されており、雨や汗でもペイントが落ちることはありません。

この事業を思い立ったきっかけ

ブランドンさんは、若くして自然と髪がなくなってしまったそうです。そこで、

「たくさんの人に、ハゲ頭の美しさを見直して貰いたい」と思い立ったことがきっかけだそうです。

 

そんな自然と髪がなくなってしまったブランドンさんですが、脱毛症を発症した子供たちに、利益の一部を寄付しているそうです。

面白い試みに人気殺到

このブランドンさんの取り組みは、インターネットを中心に世界で話題になりました。

日本でも、「俺のハゲが金になる!?」「日本でもやるべき」「リーブ21の広告をいれよう」などの声があがっています

現地でもかなり話題になり、問い合わせが殺到したそうです。

 

「ハゲ」という一般的にはコンプレックスになる部分を逆手に取り、広告業というビジネスに生かす新しい取り組み、素晴らしいですね。

いっそ、残った髪をすべて剃って、広告業をはじめてみようか、という気になります。

日本だと、特に人口が集中する都市の満員電車や観光スポットなど、人が密集する場所がたくさんあります。そこでハゲ頭に広告をのせれば、注目を受けること間違いなしですし、Twitterなんかで拡散して貰えそうですし、効果が期待できますね。

 

…しかし、私はまだ残った髪に愛着がある為、ウンともスンとも踏み切ることができません。スキンヘッドを計画している方がいれば、ぜひチャレンジしてみてください。