読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃん筆ならぬ、ハゲちゃん筆はいかが?

ハゲと成長

先日家内に部屋の大掃除を命じられ、えっちらおっちら片づけをしていると、箱に入った見覚えのない筆が出てきました。 家内に「書道なんかしていたっけ?」と聞くと、

 

…忘れていました。この筆、娘の初めての散髪の際に「赤ちゃん筆」にしたものでした。

赤ちゃん筆とは

赤ちゃん筆は、別名胎毛筆とも呼ばれ、母親のおなかにいる時から生えていた毛を散髪する際に保存し、筆にするものです。 一度もカットをしたことがない髪の毛は、柔らかく繊細になっており、一生に一度しかないそうです。

www.ekakipapa.com

髪と神がかけられており、頭脳明晰や長寿祈願の意があるそうです。また、赤ちゃん筆を作る店舗によっては、筆に名前を入れるサービスもしています。 一生に一回の記念として、利用される方が多いようです。

もしかしたら幼い頃に赤ちゃん筆を作られた方も多いのではないのでしょうか。 髪を伸ばしセットすることで、薄毛を隠す私にとっては、長い髪を切るなんてなんともうらやましい限りです。

 

そして、日々抜けていく私の毛を筆にすることはできないのか、と思い立ち、調べてみると…見つけました。大人の毛も筆にすることは可能なようです。

大人の毛も筆にできる

「自分の髪の毛の筆で字を書いてみたり、髪のある頃の記念として残してみてはいかがでしょうか?」と、なんとも胸に刺さるワードと共に商品が紹介されていました。

ターゲット層

前述の通り、純粋に書道目的の方や、私のようにどんどん髪が無くなっている方、話のたねなど面白い記念や遺品として作られる方が層となっているようです。

気になる毛の量

髪の毛を束ねる時の関係で、親指ぐらいの太さの筆になる様です。そのため、なるべく多くの髪を切らなくてはいけないようですね。多少少なくても大丈夫そうですが、立派なものを作る為には相応の量が必要なようです。

悲しいことに、私の場合は数か月かければ十分な量の毛がかき集められそうな気がします…。

また、筆にするのに必要な髪の長さは、多少短くても大丈夫だそうですが、4cm必要だそうです。大体大人の人差し指1本分くらいでしょうか。

業者に送付する

髪が集まったら、髪の方向をしっかり併せて、業者さんに送付します。あとは自動で櫛が入るように調節したりと、約1か月ほどで筆が完成するそうです。

大人の髪の書き心地

大人の髪の書き心地は、柔らかい赤ちゃんの髪の毛に比べ、ゴワついたりバラつきのある線質になることが多く、味のある書き心地だそうです。 はね・はらいを綺麗に書くことに難があり、書道目的で注文する方よりも、話や笑いの種として注文される方が多いようです。 いかがでしたでしょうか。

 

赤ちゃん筆だけでなく、大人用の筆もあるなんて、いささか驚きました。ですが、形に残すことにより、大切な人をいつまでも感じることが出来たり、面白い記念になることはとても素敵に感じます。 私もこっそり抜け毛を収集し、筆にしてみようと思いましたが、まずは抜け毛がなくなるよう、しっかり育毛ケアに取り組みたいと思います。

今スキンヘッドをご検討中の方がいらっしゃれば、記念にいかがですか?

 

参考サイト:http://item.rakuten.co.jp/hituan/h-hair1/